知っておきたいラフティンググッズと一般的な持ち物

Pocket

初めてラフティングをする方などは特に、どのようなものを用意すればよいのか・もって行けばよいのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

予約をする際に説明などがあるとは思いますが、事前知識して知っておくと安心できるという事もあるでしょう。

水着

まずは水着です。
ウエットスーツなどはレンタルを用意してくれているところが大半かと思いますが、その下に着る水着に関しては持参していただくことが一般的です。
忘れてしまうとラフトができない可能性もあるものですので必ず用意しておきましょう。

タオル類

タオル類も用意しておくと安心です。
貸し出しをしてくれているところも多いようですが、例外のこともありますし自らのものを1枚でよいので持っておくと安心かとも思います。

靴について

ラフトはご存知の通り川の中を進むスポーツです。
ですから、靴がぬれてしまう可能性もあります。ですから一足、濡らしても構わないものを用意しておくと良いでしょう。

水中眼鏡やメガネバンド

コンタクトの方は水中眼鏡やゴーグル・メガネを掛けているという方はメガネバンドを用意しておきましょう。
壊れたり無くしてしまわないためには重要なグッズといえるでしょう。

必須ではありませんが、用意をしておいたほうがベターだというものについては「ラッシュガード」と「日焼け止め」でしょう。
自然の中は紫外線も強いので特に日焼け止めは持っておいたほうが良いかもしれません。

持ち物に関する注意としては、濡れてもいい靴はビーチサンダルやクロックスは禁止となっています。
安全性の問題で先のような履物はNGという場所も多いのです。
ですから古くても構いませんから「靴」を用意してください。

知っておきたい一般的な持ち物

全ての場所ではないものの、一般的な持ち物を知っておくと準備も進めやすいことと思います。
専用の水着やグッズを購入する必要は特にありませんので、原則としてはお手持ちのもので揃えていただけるかとも思います。
詳細については書く会社に連絡を入れたり公式ホームページなどに記載をされているかと思いますので、チェックをしておくのも良いでしょう。

Pocket